肌のくすみが気になるので、透明感のある肌になれるような洗顔料を選んでいます。

メイクのノリをよくするためには、なによりも「肌」が美しくなければならないと思い洗顔を重視しています。

帰宅したら、まず速攻でメイクを落とします。

メイクを落とすと言ってもただ単に、メイク落とし→洗顔をするのではなく、メイク落としの前に熱い蒸気が出るスチーマーを使い、肌をやわらかくしてメイクを落としやすくします。

このひと手間がとっても重要!これをおこなうとなんだか、くすみを感じにくくなるのです。

しばらくスチーマーを当てたらすぐにメイク落とし。
メイク落としの浸透をよくするために、手のひらにメイク落としを乗せ、人肌程度にあたためています。

それからくるくるとやさしくマッサージ。
しっかりと洗い流したら、いよいよ洗顔。洗顔料を洗顔ネットに入れ、ふわふわの泡をつくりやさしく洗顔しています。

いつもならこんな感じで洗顔していますが、肌が敏感になりやすい生理前は、なるべく肌に負担をかけないために、スチーム無し&「敏感肌用」の洗顔料を使用しています。

女性の場合、身体の状態に合わせて洗顔の方法もチョイスすることが大切だと感じています。

面倒ですが、これが将来の美肌をつくるのかも!と頑張っています。

毛穴の汚れを取る方法として、スクラブ洗顔、毛穴パック、酵素パウダーを試したことがありますが、どの方法も肌への負担が大きいように感じます。

スクラブ洗顔だと毛穴の汚れを落とそうと、ついつい強い力で洗顔してしまうので肌が真っ赤になってしまったことも。

次に試したのは酵素パウダー。コスパも悪くないし、使い始めのうちは「肌をごしごしこすらないくても、毛穴がつるつるになる!!」と大感激していたのですが、使い続けると鼻の皮がむけるようになってしまったのです…。

そして、ヒリヒリ感じるように…。

その次は、定番の毛穴パックを使い始めました。

でも、いまいち取れが良くない!そんなあるとき、洗顔後に「オロナイン」を付けて10分おき、洗い流したあとに毛穴パックを付けると毛穴の汚れが良く取れる…という記事を見ました。

試してみると、本当に取れがよくなったのです。

しかし、取れが良くなるにつれ肌への負担が増し、この方法でも顔の皮膚がめくれるように。

肌への負担が少なく、やさしく毛穴の汚れを落とせるコスメアイテムが発売されないかと待ち遠しい限りです。毛穴 洗顔料